やさしい革

ニュース

2020.8.5

獣革がボストンバッグに! 1個から製作注文を受け付けます

(対象:MATAGI産地の方のみ)

  • 駆除した猪やシカの革を使ってボストンバッグを作ってほしい!
  • 獣皮を分けてくれた猟師さんにプレゼントしたい!
  • 獣革を使った本格的な製品を販売したい!

産地の皆さまからのご要望に応えて、獣革活用促進を目的に「MATAGIボストンバッグ~製作注文受付け」を致します

みなさまの獣革が、高級なボストンバッグに生まれ変わります
ご自分用に、また親類や友人へのプレゼントにも最適です
もちろん販売頂くことも可能です

百貨店ブランド品質を実現するプロ職人が集結!
MATAGIプロジェクトの取り組みに共感して、本格志向のボストンバッグ製作が実現しました

製品内容

【カラー】

カーキ、モスグリーン、ブラックの特別限定カラーからお選びください

*特別限定カラーのため獣皮原皮なめし加工の申込みから必要です。完成革の持ち込みは出来ません

【デザイン】

MATAGIプロジェクト専用のオリジナル・デザイン

【対象獣皮】

イノシシ、シカ、クマ(MATAGIプロジェクトなめし加工獣革限定)

【風合い】

MATAGIボストンバッグ専用のWAX仕上げ

【製品概要】

1~2泊の小旅行から街歩きにも使える、男女兼用サイズのボストンバッグ

*使用する部材・金具などは仕入・製造状況により、予告なく類似品に変更する場合があります

【発注方法】

ボストンバッグ専用の発注書をFAXまたはメール
>>> 発注書はコチラ Excel形式 PDF形式

【納期】

獣皮到着後から約3~4か月(受注状況、繁忙期、年末年始等により前後します)

【費用】

なめし加工費用(3枚分)+ボストンバッグ製作費(48,000円)*送料・手数料・税別

例:猪なめし代5,000円×3枚+48,000円+送料2,000円+事務手数料1,000円=66,000円(税別)

【その他】

お支払い方法、発注に際しての同意事項など詳細は、発注書に記載しています

>>> 発注書はコチラ Excel形式 PDF形式

*一般社団法人やさしい革が、産地の皆さまのご発注を取りまとめて製造依頼を代行することで実現した特別企画です。通常の獣皮なめし手数料と送料に製作費を加算するだけで、取次手数料は不要です。

詳細説明&開発者の声

*デザイン担当:イエローブロス 澁谷氏 http://www.yellowbros.com/

“デザインパーツへのこだわりと獣革の可能性”

獣革を使ってボストンバッグを製作する工程で表現したかったのは、野生動物のキズ・銃痕などはなるべく隠さず、生きたままの表情を残しつつ、タフで力強いイメージのシンプルなデザインです。

パーツにもこだわり、革と共に使い込むほどにエイジング(経年変化)を楽しめる真鍮素材を使用しました。私たち自身も歳を重ねていくように、時と共に変化していく表情を楽しんで頂ければと思います。

一般的には革表面のキズを隠すなど無キズのような商品が高級品と言うイメージですが、動物には生きてきた証に必ずキズがあります。このバッグを手にして、これまで生きてきた野生動物たちの背景を思い描いて頂ければ幸いです。

*製造担当:大関鞄工房 大関氏 https://squeeze.ne.jp/

“MATAGI獣革 ボストンバッグの制作にあたって”

軽さと重厚感を兼ね備えた大人のボストンバッグになりました。ワイド(横幅)500mmの上部ファスナーは両開きで開閉しやすく、モノの出し入れにストレスの無い設計を職人の丁寧な技術により具現化できました。旅行は無論、普段使いにもおススメで、見た目のワイルド感とは逆に2,100グラムと軽量で、なおかつ丈夫な逸品と言えるでしょう。野生動物革ならではの一つひとつのキズも「柄」としてご堪能ください。

カテゴリ検索